• ホーム
  • ニュース
  • 100万再生続出!宅配寿司全国シェアNo.1※「銀のさら」が仕掛ける 「TikTok」向けCM動画最新版公開 ファンを獲得するブランドの"二重人格化"CM戦略ご紹介
2022.04.28 ニュースリリーストピックス

100万再生続出!宅配寿司全国シェアNo.1※「銀のさら」が仕掛ける 「TikTok」向けCM動画最新版公開 ファンを獲得するブランドの"二重人格化"CM戦略ご紹介

100万再生続出!宅配寿司全国シェアNo.1※「銀のさら」が仕掛ける
「TikTok」向けCM動画最新版公開
ファンを獲得するブランドの"二重人格化"CM戦略ご紹介


株式会社ライドオンエクスプレスホールディングス(本社:東京都港区、代表取締役社長:江見 朗)は、ライドオンエクスプレスグループが展開する宅配寿司「銀のさら」において、2022年4月28日(木)から、動画共有アプリ「TikTok」でCM動画の第4弾となる最新作5篇を順次公開いたします。
「銀のさら」では過去に数々のインパクトがあるテレビCMやWEB CMを展開してきました。昨年2021年4月に初めて「TikTok」で公開した「UFO暴走篇」からちょうど1年が経過したこのタイミングで、今までの戦略や裏話等についてご紹介いたします。
※株式会社富士経済(外食産業マーケティング便覧2020「宅配ずし市場 2019年実績」)


■100万再生続出で話題の「TikTok」向けCM動画最新作公開


【「TikTok」向けCM動画 「ペット翻訳機篇」】

「銀のさら」では過去に数々のインパクトがあるテレビCMやWEB CMを展開してきましたが、デジタルが生活に浸透している今、新たなチャレンジとして、2021年4月から「TikTok」でのCM動画公開を開始しました。
今回、「TikTok」で公開するのは「ペット翻訳機篇」、「学食篇」、「書道篇」、「卓球篇」、「ビリヤード篇」の5篇で、2022年4月28日(木)に公開の「ペット翻訳機篇」は、最先端のペット翻訳機で愛犬と話そうとしたら、翻訳機が繊細過ぎるという内容で、話し相手である愛犬との会話に注目してご覧ください。他の4篇は今後、5月6日(金)~順次、毎週金曜日に公開予定です。
「銀のさら」ではこのように「TikTok」でのインパクトのあるCM動画を過去に16本公開し、うち4本は再生数が100万回を達し、多くの方に視聴されました。SNSでも「銀のさらの投稿動画を楽しみましょう」という多くの投稿がされるなど、話題となりました。


■ブランドの"二重人格化"のきっかけは低予算から!今までのCM戦略とは

「銀のさら」ブランドは商品のこだわりを伝えるために、サービスや紙のチラシで「本格江戸前寿司を真心込めてお届けするブランド」というイメージを伝えた一方、CM動画では「インパクトのある破天荒なブランド」という2面性を持ったブランドというイメージを伝えました。このブランドの"二重人格化"により、CM動画ではそれを見る方に強烈な印象が残るものを数々制作し、公開しました。

【低予算での認知獲得のためのテレビCM編】
15年前(2007年)、店舗数が増え、全国区での認知が必要になった際、全国で一斉に告知が出来る手段としてテレビCMを活用しました。しかし、デリバリー専業の「銀のさら」の主な販促手段はメニューの紙のチラシだったこともあり、テレビCM制作予算には限りがありました。
そこで、少ない予算でより多くの認知や想起を獲得するために、インパクト重視でテレビCMを制作することを決断。ブランド名「銀のさら」はCMの最後だけに登場し、視聴者がテレビCMを1度見たら忘れることができない内容であることを最優先にしました。
ここで初めて、後の数々の広告や販促活動の主となるブランドの"二重人格化"を構築し、少ないテレビCMの放映で多くの認知や想起を獲得し、日本だけでなく動画共有サービスを通じて海外の方々にもインパクトのあるテレビCMを発信する企業というイメージを伝えることが出来ました。


【テレビCM「上司+バレエ篇」】